たてものがよみがえる - 株式会社 ニチエイ

ニチエイは、アパート・マンションの外壁・外装・雨漏りの
修繕・補修のスペシャリスト。
富山県・石川県・福井県 ご依頼があればすぐに駆けつけます。
まずは、お気軽にご相談ください。

SEVICE サービス案内

建物を長持ちさせるコツは、いかにして雨水の侵入を防ぐかにかかっています。
つまり、屋上防水の劣化や外壁のひび割れによる漏水が建物を老朽化させる元凶です。
美観も重要なポイントですが、定期的に建物を守る処置を行うことが、建物を長持ちさせるコツなのです。

防水・漏水工事

屋上の防水処理

改修工事による屋上防水のほとんどが「塩ビシート」での防水工事です。
その理由は、既存のままで大規模な撤去作業を必要とせず、安価に工事を収めることができるからです。
そのほとんどが10年保証。そして約13~15年程度で雨漏りが目立ちはじめます。中には保証期間を待たずして漏水してしまう物件もあるようです。
ニチエイのオススメする防水シートは、なんと20年の保証(品質保証)でなおかつ塩ビシートと変わらない予算での施工が可能です。
屋上の防水はあまり目立つ部分ではありませんが、建物の改修において最もプライオリティの高い箇所となります。

ひび割れの処理

見た目にも悪く、建物の寿命を縮めてしまうのが「ひび割れ」です。
放置すれば確実に建物をむしばむ箇所ですので、しっかりと処置しなければなりません。
1mm以下のひび割れにはコーキングでの処理で雨水の侵入を防ぎます。
打診調査で内部に空洞がある場合は、エポキシ樹脂を注入し空洞を充填させることで強固な下地を形成します。

すでに大きく欠損している箇所は左官によるモルタル補修が必要となります。
いずれにせよ、早い処置が建物を長持ちさせる“コツ”ということです。

磁器タイル部分からの漏水

欠損部については新たに貼り直す必要がありますが、まったく同じ色や形の磁器タイルが無い場合が多く“ツギハギ”になってしまうケースがほとんど。
さらには、磁器タイル部分からの漏水はコーキングなどでごまかすのが関の山。けっして見た目はよくありません。
そんな施工の難しい“磁器タイル面の漏水”ですが、ニチエイの提案するクリヤタイプの塗膜防水材により、美観や漏水の問題を解決してくれます。

メニュー

防水・漏水工事

外壁のメンテナンス

お見積もり例

ニチエイ5つの安心

施工の流れ

施工事例

会社案内

一般住宅の塗装・修繕

ニチエイの建物無料診断

自分で出来る建物診断ポイント

採用情報